VL型 電動・手動式 片引き スライディング防熱扉

VL型防熱扉について(片引き)

■確実は気密性

VL型防熱扉は、閉じる直前(約100mm手前)に施されたレール端末切り込み傾斜加工の作用により、扉が自動的に枠側へ斜め45度方向に落ち込み、扉の自重によりパッキンが圧縮されます。更にレールに取り付けられたラッチにより扉が固定され、絶えず同じ位置で確実にパッキンを圧縮します。

以上のように、パッキンへの圧縮力は扉本体の自重による圧力なので機械的な無理がなく、常に同じ状態で気密性が保持されます

仕様

モーター
0.4KW = 4P、3相200V、ブレーキ付モーター
減速機
減速比 1:50 トルク
ヒーター
100V・漏電ブレーカー並サーモスタット付
操作電圧
24V・トラベルスイッチ、鍵スイッチ、テープスイッチ、開閉スイッチ(引紐式)
金具
駆動ケース・レール=亜鉛メッキ仕上げ、手動切替ハンドル、ロッド、貫通シャフト、鍵プレート=ステンレス製、その他金具=マレーブル可鍛鋳鉄・亜鉛メッキ仕上げ
パッキン
化粧枠パッキン、テープスイッチカバーゴム=押出成形型(耐寒、耐油、耐オゾン性)
骨組み材
化粧枠=45t・袖版=30t・扉材=米松乾燥引立て材
仕上げ材
ステンレス、各鋼板、その他
防熱材
高圧ポリウレタン注入発砲・100t、125t、150t
安全装置
扉召合部=テープスイッチ逆転装置、手動切替え装置・鍵スイッチ、並びに裏側非常脱出解除装置
オプション
扉作動警報ブザー、扉半開装置、自動閉装置、各種光線スイッチ、駆動ケースヒーターカバー(駆動部周囲温度−10℃以下の場合)
ドア幅
最大寸法 W=2500 H=4000(使用環境により制限があります)